ネット犯罪の種類について

ここではネット犯罪の種類を紹介します。

コンピュータウイルス パソコンウイルスの目的はいろいろありますが、
犯罪目的でウイルスを侵入させる事もあります。
例えば普通私たちが使っているパソコンはウイルス
対策ソフトかウィンドウズのファイアウォールという
機能でネットワーク侵入が出来ないようになっていますが
そういう機能は任意で解除する事が出来ます。
それをウイルスの機能で無理やり解除させた後ネットワーク
侵入を試みてデータを盗んだりする方法があります。
対策は、定期的にウイルス対策ソフトの完全チェックを
走らせる事です。
迷惑メール 迷惑メールとは宣伝や広告ばかりのメールが定期的に
送信されてくる事です。
大抵は掲示板などに書き込んだメールアドレスを反抗者が
勝手にメーリングリストに登録する事から始まりますが、
無料の登録サービスからメールアドレスが売られたりする事も
あります。
対策は解除しようとしてメール内のサイトURL押すのは危険ですので
とにかくメールを開かずにアドレスをフィルタにかけて自動的に
削除されるようにするのが安全です。
ただどんどん違うアドレスで送られるようになってしまったら
自分のメールアドレスを変えるという手段に出るしかなくなるかも
しれません
スポンサード リンク
仕事紹介法 特に在宅ワークに多いようです。
仕事を紹介するからと高額な教材を買わせたり
試験を受けさせて試験代をとったりして最終的には
仕事を回さずお金だけ取られるという具合です。
対策は簡単で、仕事をするのにお金が必要になる事はない、
と覚えておくことです。
普通研修などはこちらがお金をもらいます。
オークション詐欺 小額な商品で出品者としての評価を上げておいて
高額な商品の時に商品を送らない、などの不正行為を
してお金をだましとる方法です。
これはもうとことん慎重になるか、安心なシステムを採用
しているオークションサイトしか使わないようにするという
対策になると思います。
あと少し前からはやり出したペニーオークションというものが
あります。
これはもうシステムそのものが詐欺で、商品をサイト側が出品
しているため、サイト側が絶対儲かるように操作しています。
やらない方が身のためだと思います。
今後もペニーオークションのような詐欺サイトが形を変えて
出てくる事が予想されます。
サラミ法 これはネット犯罪に限らないですが、クレジットカード
を使った犯罪方法です。
クレジットカード番号をなんらかの方法で盗み見た犯罪者は
大量にクレジットカードを利用するとすぐにカードを
停止させられてしまうため、少しずつ、カードの持ち主に
気づかれない程度の金額を利用していくという方法です。
これは注意深く利用明細を見ていてもいろいろ利用する人には
気づきにくいため、定期的にクレジット番号を変える、という方法を
とるのがいいと思います。
魚の種類 ハーブの種類
宝石 ダイエットの種類 メモリ
車の種類 筋肉 睡眠薬の種類
ブログ ネットの種類 花粉症
クレジットカードの種類 ギフト券 犬の種類
精神病 ダンスの種類 税金
キスの種類 プロテイン ネットビジネス
パソコン
TOP